スポンサーリンク

故人/亡くなった人が苦しむ夢の【夢占い】金銭運や恋愛運、仕事運まで徹底解説

スポンサーリンク
故人/亡くなった人が苦しむ夢生死の夢占い
スポンサーリンク

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」が持つ「夢占い」の意味・解釈について、いろいろな状況に合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」の基本的な意味や象徴

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」の基本的な意味は、「現在の生活状況・人間関係・働き方などについて見直すべき部分が少なからずあること」「あなたが自責の念を覚えるような何かをしていること」を教えてくれている警告夢であるということです。

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」は、「あなたに改善・反省すべき点があること」あるいは「あなたの身の回りにいる生きている人を尊重しなければならない教え」を象徴している夢なのです。

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」を見たときの金銭運

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」を見たときの金銭運は、「一時的にあぶく銭としての大金が入っても、無駄遣いするとすぐに無くなってしまう定め」を意味しています。

金銭運そのものは「入ってくるお金が増えやすい意味」では好調なのですが、「調子に乗ってお金を使いすぎてしまうリスク」も反映されています。

「堅実な貯金・計画的な出費」によって、お金を失うリスクを減らせるでしょう。

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」を見たときの恋愛運・妊娠運

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」を見たときの恋愛運は、「夢のような恋愛にのめり込み過ぎると、思わぬ罠にはまってしまうこと」を警告してくれています。

楽しい恋愛であればあるほど、「相手の本心」をしっかりと見極める必要があります。

妊娠運についても「本当に子供が必要な時期でなければ避妊を徹底すること」を示唆していますが、子供を望んでいる人にとっては自然な流れの妊娠に期待できる吉夢になります。

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」を見たときの仕事運

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」を見たときの仕事運は、「仕事を無理に頑張りすぎると、心身の健康を崩しやすいこと」を示しています。

この夢を見たときには、「自分と周りの家族・恋人・友人のために適度な負担で働くこと」によって、思っている以上の高い職業上の評価を受けやすくなるでしょう。

亡くなった人の夢を見る人と見ない人の違い

亡くなった人の夢を見る人と見ない人の違いは、「故人に対する愛情・思い入れ」の違いにあるとされています。

常識的に考えると亡くなった人の夢を見る人のほうが「故人への思い入れが深い」ように思えますが、夢占いのセオリーで解釈すると、亡くなった人の夢をあまり見ない人のほうが「故人への思い入れが実は深い(精神分析でいう抑圧を受けやすい)」という逆夢的な解釈になります。

亡くなった人と話す夢

亡くなった人と話す夢は、「あなたが今まで悩んでいたことが解決に向かいやすいこと」を伝えている吉夢です。

特に亡くなった人と「楽しい昔話」をしている夢は、「あなたの過去から続いている悩み事が無くなっていく良い運気」を暗示しています。

ただし「口喧嘩のような会話」をしている夢は、「対人運の悪化」に注意が必要な警告夢として解釈されます。

亡くなった人にお金をあげる夢

亡くなった人にお金をあげる夢は、「他者に善意を示すことによって、自分も人から良くしてもらえる運気になること」を意味しています。

死者は三途の川を渡るための六文銭が必要とされますが、このお金をあげている夢は「困っている人を助けることで、大きなピンチから逃れられること」を教えてくれているのです。

知らない人が死人になって出てくる夢

知らない人が死人になって出てくる夢は、「あなたの自分の命に対する執着心の強さ」を反映しています。

その一方で、「死という現象を他人事として見すぎている問題」を警告しています。

定期的に健康診断を受けたり、日々の健康的な生活習慣を心がけたりすることによって、思いがけない病気や不健康の原因を取り除きやすくなります。

亡くなった人の夢を頻繁に見る意味

亡くなった人の夢を頻繁に見る意味は、「あなたが過去のトラウマ・失敗にとらわれすぎている現状」になります。

今のあなたは「未来志向の前向きな考え方」をすることができていないのではないでしょうか?この夢を見たときは、「変えられない過去に執着するよりも、これから先の未来を建設的に生きていきなさい」というメッセージを思い出すようにしてください。

亡くなった人の後ろ姿を見る夢

亡くなった人の後ろ姿を見る夢は、「あなたがその故人を強く慕っていたこと・その故人を頼りにして依存していたこと」を意味しています。

しかし、現実にはその頼りにできた故人はもう亡くなってしまってこの世にはいません。

この夢は、「人に頼らなくても自分の力で生きていく力を身につけていきなさい」ということを伝えているのです。

49日に亡くなった人が出てくる夢

49日に亡くなった人が出てくる夢は、「あなたの故人に対する未練・思い残しが少しずつ薄れている現状」を反映しています。

大切な人を失って喪失感を感じていた時期が終わりに近づく頃に見やすい夢です。

この夢を見たときは、気持ちにけじめをつけて未来に踏み出すことで「運気のアップ」を図ることができます。

亡くなった人が亡くなる夢

亡くなった人が亡くなる夢は、「あなたが人生の再出発を果たすべき時機がやってきたこと」を教えてくれている吉夢です。

この夢を見たときは、「過去のしがらみを捨て去って、人生・仕事・恋愛の再起(生まれ変わり)を図ること」ができるでしょう。

亡くなった祖母が出てくる夢

亡くなった祖母が出てくる夢は、「あなたが包み込んでくれるような愛情に飢えていること」を意味しています。

夢に出現する「祖母」「慈愛・包容力」を象徴していて、今のあなたがそういった深い愛情と安らぎを必要としていることを伝えているのです。

亡くなった祖父が出てくる夢

亡くなった祖父が出てくる夢は、「今のあなたには優秀な指導者やメンターが必要であること」を示唆しています。

この夢を見たときは、「自己流で仕事・学問をするよりも、誰か信頼できる先生・先輩から教えを受けたほうが良い結果を出せること」が増えるでしょう。

亡くなった父が出てくる夢

亡くなった父が出てくる夢は、「社会規範・道徳観念の必要性」を象徴しています。

今のあなたは自由放任の環境・心理になりすぎて、規範意識がゆるんでいるのではないでしょうか? 世の中は自分を中心に回っているわけではないので、少し自分の規範意識や日々の振る舞いを見直して、問題のある部分を直していくようにしたほうが良いでしょう。

亡くなった芸能人が出てくる夢

亡くなった芸能人が出てくる夢は、「有名になって尊敬されたいというあなたの承認欲求・虚栄心の強さ」を反映しています。

ただし、本当に大好きだった芸能人の場合には、「その芸能人を失った悲しみの深さ」「依存できるアイドル(偶像)の必要性」といった意味になってきます。

故人に名前を呼ばれる夢

故人に名前を呼ばれる夢は、「あなたに危険や災いが近づいていること」を教えて警告してくれている警告夢です。

特に親しかった故人が名前を呼んでいるときには、「あなたを危険から事前に救ってあげたい」との故人の思いが投影されています。

現在の人間関係や生活環境を振り返ってみて、将来の危険につながりそうな要素があれば、前もって取り除いておいたほうが良いでしょう。

故人が苦しみながら怒っている夢

故人が苦しみながら怒っている夢は、「今の自堕落な生活や恋愛を続けていると、近い将来に破局的な結果がもたらされかねないこと」を警告している夢になります。

今、あなたが胸を張って言えるような生活や男女関係をしていないのであれば、早めに問題のある生き方・関係を改めることで、大きな不幸・不運を回避することができるでしょう。

故人が苦しみながら手招きしている夢

故人が苦しみながら手招きしている夢は、「あなたに不幸・不運が接近していること」を前もって警告してくれている夢になります。

亡くなった人が手招きしている夢には、「死後の世界に誘う」の意味から転じて、「死・怪我・事故・借金などのリスクが高まる」といった凶夢の意味合いがあります。

不幸や不運を避けるためには、「規則正しい生活をすること・倫理道徳から外れないこと・人のために貢献すること」がポイントになってきます。

まとめ

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」の各シチュエーションごとの夢占いの意味・解釈について詳しく説明してきました。

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」には、「今現在の人生設計・価値観・健康管理を見直した方が良い警告」「自分の周りに生きている人たちを大切にすることで運気がアップする」などの基本的な意味があります。

「故人/亡くなった人が苦しむ夢」の夢占いの意味を知りたい時は、この記事をチェックしてください。