スポンサーリンク

宝くじが当たる夢の【夢占い】金銭運や恋愛運、仕事運まで徹底解説

スポンサーリンク
宝くじが当たる夢生活の夢占い
スポンサーリンク

この記事では「宝くじが当たる夢」の意味を解説します。

スポンサーリンク

「宝くじが当たる夢」に関する基本的な意味や象徴

宝くじが当たる夢を見た場合、これからよいことが起こりそうな予感がすることでしょう。

しかし、そうとは限りません。

この夢を見た場合、夢が叶うという意味の場合もあれば、これから悪いことが起こるという意味の場合もあります。

どのような状況なのかによって意味が変わってきます。

「宝くじが当たる夢」を見たときの金銭運

宝くじを当てたいと思っている人は、たいてい今の金銭状況に満足していません。

つまり、宝くじが当たる夢を見た場合、今の金銭状況に満足していないことを意味するのです。

仕事をして金銭を得ようというのではなく、他人に頼って金銭を得ようという気持ちがあなたにはあるようです。

そのような気持ちでいては金銭運はアップしません。

自分で努力することが大切です。

「宝くじが当たる夢」を見たときの恋愛運・妊娠運

現在付き合っている人がいない場合は、いい人が欲しいという気持ちを表しています。

宝くじで一等を当てるように、いい相手を当てたいという気持ちがあるのです。

しかし、現実はそううまくはいきません。

本当にいい人を手に入れたいなら、他力本願ではなく自分の力で何とかしようとすることが大切です。

「宝くじが当たる夢」を見たときの仕事運

仕事で大きく評価されたいことを意味します。

宝くじで一等を当てると、これまでとは生活状況が大きく変わります。

そして、いろいろな人から注目されるようになります。

仕事で大きく評価をされれば、生活が大きく変わり、人から注目されるようになることでしょう。

そういったことを望んでいる気持ちが夢として表れています。

「宝くじが当たる」と思って当たらなかった夢

宝くじを購入するときに「今度は絶対当たる」と思ってことがありませんか。

当せん番号が発表されたときに、下何ケタが一致していると、「今度は一等かも」など思ったりしませんか。

しかし、もっとよく番号を確認してみると当たっていなかったりします。

当たると思っていたのに当たらなかった夢は、あきらめずに物事に取り組みましょうという意味です。

宝くじで一等を当てている人は、あきらめずに何年も購入し続けています。

何度かダメだったからとあきらめてしまうのではなく、根気よく物事に取り組んでみてください。

「宝くじが当たる」のが友人・知人の夢

友人・知人が何かに困っている可能性があります。

お金に困っているときに、宝くじに頼ってしまうことがあります。

一攫千金を狙い、困っていることを解消しようとするのです。

このときのように、友人・知人は何かに困っていたり、何かに頼りたいと思っていることを夢は暗示しています。

あなたが力になれることがあるのなら手を差し伸べてあげてください。

「宝くじが当たる」と喜んでいる夢

宝くじが当たって喜んでいる夢は吉兆です。

宝くじで100円ほどが当たるのはうれしいことですが、それほど大きな喜びではないでしょう。

夢の中でとても喜んでいるなら、100円以上の額が当たったということです。

それは頻繁にあることではありません。

現実には頻繁には起こらないであろうことが夢に出てくるのは吉兆です。

「宝くじが当たる」他人に嫉妬する夢

他人が宝くじに当たって嫉妬する夢は、あなたの精神状態が不安定であることを意味します。

精神状態が安定しているときであれば、他人の幸福を素直に一緒に喜んであげることができます。

しかし、自分の精神状態が安定していないと、他人の幸福を素直に喜んであげることができず、嫉妬してしまうこともあります。

今のあなたは精神的に疲れているのでしょう。

自分を大切にして心を休めてあげてください。

「宝くじが当たる」ときの数字が印象的な夢

宝くじの数字が印象的だった場合、その数字に意味があります。

たとえば、「7」はラッキーセブンといって縁起がよい数字とされています。

7がいくつも並んでいたり、他の数字よりも目立っていたりする場合は、運気アップを暗示しています。

いくつかの数字によって語呂合わせできる場合、できた語呂に意味があります。

数字によって意味が変わってくるので、どのようなことを伝えようとしているの考えてみてください。

「宝くじが当たる」ときに白蛇が登場する夢

白蛇は幸運の象徴とされています。

宝くじが当たること自体縁起がよいですが、白蛇も登場をした場合はさらに縁起がよいです。

この夢を見た場合は吉兆です。

これからよい事柄が起こることでしょう。

よい事柄が起こった後には悪い事柄が起こるのではないかと不安になるかもしれません。

宝くじに高額当選した人は、その後の人生がよくないといわれています。

しかし、よい事柄が起こった後に悪い事柄が起こるとは限りません。

不安に思わずに幸運を手にしてください。

「宝くじが当たる」ときに仙人が登場する夢

仙人が何を伝えていたかに注目してください。

仙人が言っていた事柄があなたに伝えたいメッセージです。

仙人は健康を意味するものでもあります。

宝くじに当たって高額を手にし、それでおいしいものをたくさん食べたくなるかもしれません。

しかし、おいしいものばかり食べていると健康を害する心配があります。

自分の健康を守ることにもう少し配慮してみてください。

「宝くじが当たる」ときに便が登場する夢

便は悪いイメージを持つかもしれませんが、夢に出てきたときには金運アップを意味します。

宝くじが当たって喜んでいたらうっかり便を踏んでしまった、空から鳥のフンが落ちてきたなど、便はさまざまな登場の仕方をします。

夢の中では不快に感じるかもしれませんが、よい意味なので大丈夫です。

「宝くじが当たる」と思って他人に買ってもらう夢

宝くじを他人に買ってもらう夢は、他人に頼りたい気持ちを表しています。

宝くじを他人に買ってもらうのは、自分で幸運を手に入れようとしているのではなく、他人に任せていることを意味します。

自分一人で解決できないことは頼っても構いませんが、いつも他人が助けてくれるとは限りません。

これまで他人に頼りっぱなしだった場合は、自分で何かを行う努力が必要です。

「宝くじが当たる」と思ったけれど捨ててしまう夢

宝くじの当せん番号を見ずに捨ててしまう夢は、自分の人生は自分で切り開こうという気持があなたにあることを意味します。

宝くじで大金を手に入れようとするのは、他力本願なところがあります。

夢の中で宝くじを捨ててしまうのは、他人に頼るのではなく、自分の力で何とかしようとしていることの表れです。

これまであなたは努力してきたことでしょう。

その努力を周りの人たちは評価してくれています。

「宝くじが当たる」と思って買わなければと思う夢

宝くじを買わなければと思ったり、夢の中で誰かから「買いなさい」といわれたりする夢は、幸運がもうすぐやってくることの暗示です。

幸運がやってくるのでそれを手に入れなさいということを夢が伝えています。

いつ幸運がやってくるかはわかりません。

ぼーっとしていると逃してしまうかもしれません。

やってきたときに手にできるように、周囲に気を配っていましょう。

そして、幸運がやってきたときには手を伸ばしてください。

「宝くじが当たる」と思っていたのに燃えてしまう夢

当たると思っていた宝くじが燃えてしまったら、がっかりすることでしょう。

しかし、悪い夢ではありません。

この夢を見た場合、金運がアップする暗示です。

炎が激しく上がっているほど運気が上昇します。

しかし、黒い煙が上がっている場合は注意が必要で、運気が低下をする可能性があります。

必要以上に怖れず、普段よりもお金の使い方に注意をしてください。

「宝くじが当たる」けれど期限が過ぎている夢

宝くじが当たったけれど、引き換え有効期限が過ぎてしまっている夢は、何かに気をつけなさいというメッセージです。

些細なことを見落としている可能性があります。

宝くじの場合、大きな金額が当選したのに有効期限を過ぎてしまった場合、手にできないものは大きいです。

現実の世界でも、些細なことに気をつけていないと、何か大きなものを手にできなくなってしまう可能性があります。

小さなことにも目を向けることが、大きな損失を防ぐことにつながります。

まとめ

この記事では「宝くじが当たる」夢について解説をしました。

宝くじが当たるといっても、さまざまなシーンがあります。

どういった場面なのかによって意味が変わってくるので、その意味をうまく読み取ってみてください。