スポンサーリンク

「大雨が降る夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「大雨が降る夢」の意味生活の夢占い
スポンサーリンク

「大雨が降る夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「大雨が降る夢」の意味

「大雨が降る夢」は、「人為的な抵抗・対策ではどうにもならないような出来事(トラブル)が起こること」を意味しています。

「大雨が降って災害が起こるような印象」を受けたのであれば、「あなたにとって不利益をもたらすような事件・災厄が降りかかりやすい」でしょう。

一方で、「大雨が降る夢」には、「今までの常識や前提が崩されて、ゼロベースから新しい物事にチャレンジできる」というプラスの意味合いも備わっています。

さらに「雨降って地固まる」のことわざのように、「友達関係・恋愛関係が崩れかけるギリギリの段階で立て直すことができる」といったラッキーな逆夢としても解釈することができます。

「大雨が降る夢」の診断

「大雨が降る夢」の状況別・心理状態別の意味合いを診断していきます。

「大雨が降る夢の印象が良いと感じる場合」

「大雨が降る夢の印象が良いと感じる場合」は、「好ましくない出来事が起こった後に、事態が良い方向に向かって展開しはじめること」を意味しています。

一時的にあなたや関係者に被害が出ることはありますが、ビジネスでもプライベートでも「落ち込んだ運気を挽回できるチャンス」が遠からずやってくることになるでしょう。

この夢を見たときは、「友達・恋人とのコミュニケーションの行き違いによるトラブル」が起こりやすくなっています。

しかし、「誤解・勘違いを上手く晴らすこと」ができれば、以前よりも深い信頼関係や愛情で結ばれるといった嬉しい意味合いでも解釈できます。

「大雨が降る夢の印象が悪いと感じる場合」

「大雨が降る夢の印象が悪いと感じる場合」は、「あなたが思っていた以上に問題状況が深刻なことが次第に分かってくること」を示唆しています。

「事件事故+対人関係のぶつかり合いの被害規模(被害額)についての甘い見積もり」が外れることが多くなります。

あまりに楽観的な態度で余裕をかまして構えていると、「予想以上の損失・苦痛のダメージ」によって困った事態に追い込まれやすいでしょう。

この夢を見たら、「君子危うきに近寄らず」で少しでもリスクのある人間関係や経済活動には参加しないほうが無難でしょう。

「ハイリスク+ローリターン」になりやすいので、しばらくは「ギャンブルめいた確率論的な賭けごと」を避けるべきなのです。

まとめ

今回は「大雨が降る夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

「大雨が降る夢」を見たときは、「友人関係・恋人関係に無視できない大きな変化」が起こりやすくなっています。

突然のケンカや価値観の衝突が起こりやすくなっています。

しかし、「最悪の対立状況+言葉の行き違い」さえ乗り切ることができれば、「相手との協力関係+信念の共鳴度」をより深められる可能性があります。