スポンサーリンク

「死んだ親が離婚する夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
死んだ親が離婚する夢占いファンタジーの夢占い
スポンサーリンク

「死んだ親が離婚する夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「死んだ親が離婚する夢」の意味

「死んだ親が離婚する夢」「両親の夫婦仲が実際に悪かったかどうか」とはあまり関係なく、「あなたの結婚・家族に対する基本的な認識」を意味しています。

「両親の夫婦仲との相関」があるケースでは、「両親が喧嘩ばかりしていたために、ポジティブな結婚観を構築することができなかった」という意味合いになります。

「死んだ親が離婚する夢」を見たときは、「好きな人であっても結婚にまでなかなか踏み切ることのできない迷いのある心理状態」を示唆しています。

この夢には「結婚・家族に対して前向きなイメージ」を確立できていないために、かなり良い条件のお相手がいても、なかなか「結婚・妊娠出産に向かう決断」ができないことが多くなります。

一方、「異性関係・結婚に非常に慎重な態度」であるため、騙されたり傷つけられたりするリスクも低くなります。

「死んだ親が離婚する夢」の診断

「死んだ親が離婚する夢」の状況別・心理状態別の意味合いを診断していきます。

「死んだ親が離婚する夢の印象が良いと感じる場合」

「死んだ親が離婚する夢の印象が良いと感じる場合」は、「あなたが口先だけの異性に騙されない程度には十分に用心深いこと」を意味しています。

「結婚詐欺・ロマンス詐欺」はもちろんのこと、「異性が自分の魅力や言葉を利用して相手を騙そうとする詐欺事件のすべて」から自分を守ることができる良い運気になります。

一方で、「異性に対するガードが固すぎて、恋愛のきっかけがあってもそれ以上前に進まない運気」になっています。

本当に恋愛や結婚をしたいのであれば、「誠実なアプローチをしてくれる相手」を信じることも大切です。

「死んだ親が離婚する夢の印象が悪いと感じる場合」

「死んだ親が離婚する夢の印象が悪いと感じる場合」は、「ポジティブな男女観・結婚観の確立ができていない現状」を反映しています。

「好きな異性と付き合ったり一緒に生活したりすること」に対して、「マイナスの価値観を持ってしまっている状態」が多くなります。

この夢を見たときは、「せっかくの恋愛や結婚のチャンスがあっても、自分のネガティブな思い込みが原因となって破談に陥るリスク」が高くなります。

「絶対に失敗したり傷つけられたくないという過度の自己保身」から脱却しないと、なかなかリアルの結婚話を軌道に乗せることが難しいでしょう。

まとめ

今回は「死んだ親が離婚する夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

「死んだ親が離婚する夢」を見たときは、「せっかくの結婚話に対して過剰に身構えてしまうこと」が多くなります。

過去の男女関係のトラウマや両親の不仲が原因となって、「ネガティブな結婚観」を持ちやすくなっています。

「目の前にいるあなたのことが大好きな人」の言葉や行動を信じることで、「恋愛・結婚の幸せ」を実感しやすくなります。