スポンサーリンク

「亡くなった人を看病する夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「亡くなった人を看病する夢」の意味ファンタジーの夢占い
スポンサーリンク

「亡くなった人を看病する夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「亡くなった人を看病する夢」の意味

「亡くなった人を看病する夢」は、「あなたがすでに亡くなってしまった人の恩義や好意に対して、十分な恩返しができなかったという後悔の気持ち」を意味しています。

「亡くなった親しい人と、もっとあれこれ会話をしたかった」という気持ちが強まりがちなのです。

また「亡くなった人」だけではなく「別れたり離れたりして今後二度と会えない可能性が高い人」に対しても、「もっとその人を喜ばせること+手助けすること」をしてあげれば良かったという思いが溢れてきやすいのです。

この夢を見たら、「今あなたの身近にいる大切な恋人・家族・親友」などに対して、「自分のできる最大限の好意・感謝・支援の意思」を伝えるようにして下さい。

そうすることで「お互いを尊重する良好な人間関係」をキープして、「後味の悪い別れ」を予防することができます。

「亡くなった人を看病する夢」の診断

「亡くなった人を看病する夢」の状況別・心理状態別の意味合いを診断していきます。

「亡くなった人を看病する夢の印象が良いと感じる場合」

「亡くなった人を看病する夢の印象が良いと感じる場合」は、「あなたの嘘や偽りのない温かい人間性に引き寄せられる人たちが増えてくる運気」を意味しています。

「恩義を受けたら必ずそれを変えそうとするあなたの義理堅い性格」によって、「あなたのためなら多少の危険・不利益を冒しても構わないという本物の親友レベルの友達」ができやすくなっています。

「一期一会の貴重な対人関係の体験」を積み重ねられるでしょう。

「亡くなった人を看病する夢の印象が悪いと感じる場合」

「亡くなった人を看病する夢の印象が悪いと感じる場合」は、「自分のために懸命に動いてくれた他者に対する感謝の気持ちが薄れていること」を示唆しています。

「家族や友達などが自分のために良くしてくれることは当たり前」といった上から目線の傲慢な考え方に陥りやすくなっています。

恋愛関係においても「恋人が自分のために弁当を作ってくれたり話し相手になってくれたりすること」「恋人として当たり前の義務」のように考えがちです。

しかし、そういった「謙虚さのない自己チューな態度」を続けていると、知らないうちに「恋人の気持ちがあなたから離れていくリスク」が強まってしまいます。

まとめ

今回は「亡くなった人を看病する夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

「亡くなった人を看病する夢」を見たときは、「一人一人との人間関係を丁寧に考えるあなたの人間性」が高まっています。

友達や恋人に対して「自分の素直な感謝・応援の気持ち」を伝えていくことで、「いつ別れることになっても後悔のない関係」を作り上げることができます。

あなたの「愛情深い人間性」に引き寄せられる仲間・知り合いも続々と現れてきます。