スポンサーリンク

「名簿に関する夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「名簿に関する夢」の意味生活の夢占い
スポンサーリンク

「名簿に関する夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「名簿に関する夢」の意味

名簿は人の名前が書かれた書類を指します。

何かのコミュニティに所属する人の名前や住所、電話番号などをまとめて書類にしたものです。

「名簿に関する夢」は、「これから知り合う人」についての夢と考えることができます。

夢の中の名簿には、あなたがこれから知り合う人、またはこれからも付き合い続ける人の名前が記載されているのではないでしょうか。

また、「縁が切れる人」などのタイトルの名簿があった場合は、その通り、これから縁が切れる人の名前が書かれていると考えることができます。

「名簿に関する夢」の診断

「名簿に関する夢」は、「これから知り合う人」について暗示しているのではないでしょうか。

特にタイトルのない名簿の場合は、これから知り合う人、これからも付き合っていく知り合いの名前が記載されていると考えることができます。

また、「要注意人物」というタイトルの名簿がある場合は、まさに、かれから注意すべき人物の名前が書かれた名簿だと考えることができます。

その中にあった名前を覚えておいて、その人を遠ざけるようにすると、トラブルを避けられそうです。

他にも、様々なタイトルの名簿を見ることがあるかもしれません。

そこに書かれている名前を覚えておくと、これからの人間関係に生かせるのではないでしょうか。

「名簿に関する夢で、助けてもらう人の名簿の場合」

「名簿に関する夢」の中に、「助けてもらう人」という名簿が登場した場合は、あなたが困った時に助けてくれる人をまとめた名簿だと考えることができます。

そこに記載されている名前を覚えておくと、困った時に助けてくれるのではないでしょうか。

たくさんの名前が記載されていた場合は、あなたが頼りにできる人が沢山いるという吉兆になるでしょう。

「名簿に関する夢で、集団の場合」

「名簿に関する夢」で、集団の名簿が見つかった場合は、これからあなたが所属するコミュニティのメンバーが書かれていると考えることができます。

例えばあなたが就職する会社のメンバーや、所属するバイト先、グループのメンバーだと考えることができます。

例えば大勢の名前が記載されている名簿だった場合は、大企業に所属することを暗示しているのではないでしょうか。

まとめ

今回は「名簿に関する夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

この夢を見た人は、これから知り合う人について知ることができるかもしれません。

また、困った人や、助けてくれる人など、特定の人物群を知ることができるのではないでしょうか。