スポンサーリンク

宝石に関する夢の【夢占い】金銭運や恋愛運、仕事運まで徹底解説

スポンサーリンク
宝石に関する夢生活の夢占い
スポンサーリンク

この記事では「宝石」に関する夢の意味を解説します。

スポンサーリンク

「宝石」に関する夢の基本的な意味や象徴

宝石が登場する夢の基本的な意味は、未来への希望と魅力です。

宝石の中には、夢を後押ししてくれる、願いを叶えるなど、何らかの意味を持つものがあります。

そういったものを持っていると、願いなどが実現すると希望を持つことができます。

また、キラキラと輝く宝石には魅力があります。

夢の中の宝石の状態にもよりますが、今のあなたに魅力があることを意味しています。

「宝石」の夢を見たときの金銭運

夢の中で突然宝石が現れたなら、金銭運アップを暗示しています。

思わぬ収入があったり、思わぬ援助があったりする可能性があります。

もらってもよいのだろうかとためらいを感じるかもしれませんが、やってきたものは喜んで受け取ってよいです。

あなたが喜ぶことで、与えてくれた相手が喜びます。

「宝石」の夢を見たときの恋愛運・妊娠運

宝石を贈られていた場合は恋愛運アップを暗示しています。

贈ってくれた相手が異性なら、その人との関係に進展がみられる可能性があります。

もし現実世界で宝石を贈られたなら、思わぬことにビックリすることでしょう。

この夢は突然の出会いがあるなど、ビックリするようなことが起こることを暗示しています。

思わぬことに驚いて行動できなくなってしまわないように、心の準備をしておくとよいでしょう。

「宝石」の夢を見たときの仕事運

仕事に不満を抱えているとき、宝石の夢を見ることがあります。

評価してもらえない、思うような成果を出せない、仕事が楽しくないなど、いろいろな不満があることでしょう。

しかし、不満にばかり目を向けていても何も変わりません。

今の不満を解消するためには、どうしたらよりよくなるのか考えて行動をすることが大切です。

「宝石」がピンクのダイヤモンドの指輪の夢

宝石といってまず思い浮かべるのはダイヤモンドではないでしょうか。

ダイヤモンドといっても、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンなどさまざまな色があります。

夢に登場するダイヤモンドの色がピンクで、それが指輪だった場合、新しい出会いを求めていることを表しています。

今の人間関係に不満があるために新しい出会いを求めている、自分を大切にしてくれる人が欲しくて出会いを求めているなどが考えられます。

「宝石」を盗む夢

自分の意見に固執していることを意味しています。

周囲の人の意見に耳を傾けられずにいませんか。

自分の意見を主張するのは大切ですが、周りの人の意見を聞くことも大切です。

人の意見を聞くことで、視野が広がり新しいアイデアが沸いてきたり、周囲との関係が良好になったりすることもあります。

かたくなになっていると、周りの人たちが去ってしまいます。

ときには人の意見に耳を傾けてみましょう。

「宝石」が赤いネックレスの夢

赤い宝石のネックレスの夢は周囲への怒りを表しています。

赤はエネルギーを象徴する色です。

エネルギーを向ける方向によっては、それが怒りになることがあります。

怒りを相手にぶつけても、相手は動いてくれません。

場合によっては萎縮してしまいます。

怒りを使って相手をコントロールするのではなく、穏やかに話し合った方が人は動いてくれます。

「宝石」がたくさん入った箱の夢

箱の中にたくさんの宝石が入っている夢は、あなたにやりたいことがたくさんあることを表しています。

あれもやりたい、これもやりたいと、やりたいことばかりではありませんか。

やりたいことがたくさんあるのは悪いことではありません。

しかし、あれこれ手を出すと、ひとつひとつのことがおろそかになってしまうことがあります。

また、時間には限りがあるので、すべてをできないこともあります。

優先順位をつけて、やりたいことに取り組んでみましょう。

「宝石」がアメジストでそれを取り出す夢

箱の中からアメジストを取り出す夢は、冷静さを失っていることを意味しています。

予想していなかったことが起こったり、焦りを感じるようなことが起こったりすることの暗示でもあります。

焦って行動をしてもよい結果にはなりません。

何かがやってきたときには、冷静になって対処をしましょう。

深呼吸をしばらく続けていると気持ちが落ち着いてきます。

「宝石」がたくさん目の前に現れる夢

たくさんの宝石が目の前に現れる夢は、人に対していい顔をしたいという気持ちがあなたにあることを表しています。

誰でも自分の嫌な面は見られたくないことでしょう。

そのため、いい顔をしてしまうことがあります。

しかし、誰にでもいい顔をしていると八方美人だといわれてしまいます。

また、偽りの自分でいなければならず精神的に疲れます。

100人いたら100人の人に好かれる必要はないのです。

あなた本来の姿が素敵です。

「宝石」がアメジストのブレスレットの夢

宝石がアメジストでそれがブレスレットの夢は、周囲の人たちと協力したい気持ちがあなたにあることを表しています。

周囲の人と協力することで、物事がスムーズに進んでいくことでしょう。

しかし、そのためにはあなたから人とかかわっていく必要があります。

相手から協力を求められるのを待っているのではなく、あなたから相手に働きかけてみましょう。

「宝石」が曇っている夢

キラキラと輝いていた宝石も扱い方を間違えると曇ってしまいます。

曇った宝石が夢に登場した場合、恋愛運の低下を暗示しています。

これまでは恋人と過ごしている時間がキラキラしたものだったでしょう。

しかし、2人の間にトラブルが起こる可能性があります。

宝石は大切に扱えば曇りを防げます。

相手の人を大切にしてトラブルを回避しましょう。

また、今付き合っている人がいない場合は、恋人ができてキラキラした時間を過ごせるのは、もう少し先になりそうです。

「宝石」が輝く夢

宝石が輝く夢は運気が上昇することの暗示です。

金銭運、恋愛運、仕事運など、さまざまな事柄について運が上がっていくことが期待できます。

キラキラと明るい未来が待っていることでしょう。

そういったときは何事もスムーズに進みやすいので、やってみたかったことに挑戦するのに適しています。

「宝石」が海に沈んでいる夢

宝石が海に沈んでいる夢は、夢を叶えるという強い意思をあなたが持っていることを表しています。

海の底に宝石が沈んでしまったら、それを回収するのは難しいです。

夢の中で宝石を回収しようとしていたなら、困難なことも乗り越えて目標を達成しようという気持ちがあることを表しています。

夢に向かって行動をすれば、少しずつかもしれませんが目標に近づくことができます。

「宝石」がアメジストの王冠の夢

アメジストを使った王冠の夢は、周囲があたふたとしている様子を見てあなたが楽しんでいることを表しています。

周囲がトラブルにみまわれてあたふたとしているのを楽しんでみているのは、あまりよい趣味ではありません。

何も手助けをせずにいると心の冷たい人だと思われかねません。

困っている人がいたら、できる限りのことをしてあげましょう。

あなたが助けることで、今度はあなたが困ったときに助けの手を差し伸べてくれる人が現れます。

「宝石」にヒビが入る夢

固そうな宝石でも、扱い方が悪かったりするとヒビが入ることがあります。

宝石にヒビが入る夢は、どのような気持ちになったのかによって意味が変わります。

すっきりした気持ちになっていたなら、素晴らしいことがやってきます。

縁に恵まれる、プレゼントをもらうなど、さまざまなことが考えられます。

宝石にヒビが入って嫌な気持ちになっていたなら、嫌な出来事がやってくることの暗示です。

嫌なことがあったときには、できるだけ明るい見方をしてみましょう。

「宝石」を探す夢

あなたが大切にしていたものを失ってしまうことの暗示です。

恋人、物、能力など、大切なものがありませんか。

何らかの理由でそれを手放してしまい、失って戸惑うことが起こるかもしれません。

本当に大切なものは、失わないように大切に扱いましょう。

もしも失ってしまったとしても、別の何かがやってくる可能性があります。

新しいものがやってきたときに「これでは嫌だ」といわず、喜んで受け取ってみてください。

案外それがいいものかもしれません。

まとめ

この記事では「宝石」に関する夢の意味を解説しました。

基本的には、希望や魅力を意味しているのですが、どのような宝石なのか、どういった状況なのかによって意味が変わってきます。

夢が伝えてくることを受け取って、生活に活かしてみてください。