スポンサーリンク

「階段を駆け下りる夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「階段を駆け下りる夢」の意味生活の夢占い
スポンサーリンク

「階段を駆け下りる夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「階段を駆け下りる夢」の意味

夢占いにおける「階段」は、上るのか、下がるのかによって、まるで意味が変わってくるとされています。

上る夢の場合は、夢や目標を目指して努力している姿を暗示すると考えることができます。

一方で、下る夢の場合は、「本当の心を知る」暗示と考えることができます。

階段の下部には地下室があり、そこにはあなたの本心が眠っているようなイメージになります。

これを踏まえて「階段を駆け下りる夢」は、「自分が何をしたいのか分からない」サインと考えることができます。

自分は今、何をしたいのか、どうなりたいのかがまるで見えず、焦り始めているサインではないでしょうか。

「階段を駆け下りる夢」の診断

「階段を駆け下りる夢」は、「自分が何をしたのか分からない」暗示と考えることができます。

この夢を見た人は、人生の岐路に立ち、これからどの方向に向かうべきなのか、どうなって行きたいのかを考えて、答えが見つからないのではないでしょうか。

しかし、ターニングポイントが近づいているのを感じ、居ても立っても居られない状態なのかもしれません。

この夢を見た人は、自分が何をしたいの、最終的にどうなりたいのかを考えてみてはいかがでしょうか。

理想の未来を描くことが大切になりそうです。

そのための時間を作ることから始めてみましょう。

例えば1週間、誰にも邪魔されない場所に行き、理想の未来、本当にしてみたいことなどをゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

焦って自分自身の心を探ろうとしないことが大切になりそうです。

「階段を駆け下りる夢で、誰かと一緒の場合」

「階段を駆け下りる夢」の中で、誰かと一緒に駆け下りている場合は、その相手と一緒に、これからどのように生きて行くべきか分からなくて焦っているという暗示かもしれません。

例えばその人が彼氏や彼女なら、恋人との未来を描けなくなっているのではないでしょうか。

「階段を駆け下りる夢で、怖い場合」

「階段を駆け下りる夢」で、怖いと感じる場合は、自分がどうすればいいのか分からずに焦っていると同時に、本心を知ることが怖いと考えているのではないでしょうか。

本心を知れば、何をしたいのかが見えてくるものの、それを知ることで、自分が自分でいられなくなるような気持ちがしているのかもしれません。

まとめ

今回は「階段を駆け下りる夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

この夢を見た人は、岐路にやってきたのに、自分が何をしたいのか分からず、立ち尽くしてしまっているような状況なのではないでしょうか。

この夢を見た人は、本当にしたいこと、なりたい自分を知るために、1人きりになれる時間を作ってみてはいかがでしょうか。